FC2ブログ

霞沢岳西尾根

IMG_8856.jpg


昨年 悪天で敗退した霞沢岳へ西尾根から登る冬季バリエーションルートへ行ってきました。

{日程} 3月19日
{メンバー} 会員外1人

天気予報は曇り。坂巻温泉を5:30に出発。取り付きのある太兵衛平で装備を装着。去年も来てるので最初の急登には驚かない。 送電線の走る下を尾根へ登り上げます。 

尾根にあがり少しだけある緩やかな登りの途中からは穂高連峰が✨

IMG_8793.jpg

これは期待できそう✨ 去年はもう少し上がったところで悪天により撤退。それ以上は行きたいなと。

西尾根はバカ尾根と言われるだけあってずっと急。とにかく急登。 ふくらはぎにこたえます。。。

気がつくと後ろに焼岳が✨

IMG_8814.jpg

青空はどこへやら。。。

雪の結晶までふりだしました❄️ 
IMG_8805.jpg

可愛い結晶にいやされたのもつかの間 痩せ尾根登場

IMG_8816.jpg

からのP2

IMG_8820.jpg
人気ルートだけあって平日なのに珍しく先行者さんがいます。
 
核心のP2を慎重に登りやっと安心できる山頂へと続く緩やかなウィニングルートは真っ白

IMG_8826.jpg
 
本格的に雪になってしまいました。。。
IMG_8831.jpg


山頂からの景色はもちろんなし。 尾根で写真撮っておいてよかった。。

早々に下山開始

IMG_8837.jpg


P2はクライムダウン 雪稜はキックステップをとりいれながら

IMG_8855.jpg


そして最後の核心は急登の団子でした。一歩一歩団子をおとしながらの激下りで最後まで気が抜けずヘトヘト。。。

IMG_8857.jpg

霞沢からの景色はまたリベンジで✨
スポンサーサイト

野谷荘司山にて初雪洞!

ロウソク


雪洞を掘って寝てみたくて雪がたっぷりありそうな野谷荘司山へ行ってきました!

【日程】 2019年3月9日~10日

【メンバー】 会員2名



白谷
樹林帯を越えると時折、風に吹かれましたが天気予報通り快晴で暑かったです。

白山
野谷荘司山頂上より白山が近くに見えました。ここでもワカンつけてても足首まで沈むほどだったので3日あれば行けそうですね!

掘り始め
さて、今回の本題ですが雪洞作りです! 雪がたまってそうな吹き溜まりを探したら、ひたすら掘ります。

完成
昼前から始め、約3時間で完成しました!これだけ時間がかかると、とても実際に使えないですね。
ただ、もっとスピーディーに作ることができればテントレスで大幅な軽量化に繋がりますね!ツエルトのみで突っ込めるのであれば。。(笑)
作ってる時も、カッパを着てても膝とおしりが凍傷になりそうなぐらい冷えてくるので交代で太陽に当たりながら掘りました。

自分たち以外は誰もいなく、時々吹く風の音だけ聴きながら白山に沈む夕日が染める穂高や剱がとても贅沢でした。
雪洞の寝心地は最高でした! 全く寒くなくて、自分はサーマレストに3シーズン用シュラフで行けました。この日が暖かったのもありますね。
今回は横穴式の雪洞でしたが、緊急時であれば縦穴式でも充分使えると思いました。また練習してしっかり使えるようにしたいです。

山スキー:乗鞍山塊北部で新雪を堪能!

P1190133.jpg

乗鞍山塊北部で新雪の登下降を楽しんできました! 数日間降雪があり30cmほどの積雪がありました.バージンスノーにトレースをつけながらシール登高,そして,自分だけのシュプールを描き滑降.すばらしい山スキーになりました!

【日程】2019年1月19日

【メンバー】会員2名


+ Read More

奥美濃周回

P1140100.jpg


快晴の中,揖斐川上流域の天狗山〜黒津山〜アラクラを周回してきました.天狗山からはノートレースで,ラッセルや読図の良いトレーニングになりました.若い会員のラッセルパワーに脱帽です.

【日程】2019年1月14日
【メンバー】会員5名


+ Read More

大寒波の地蔵尾根

地蔵尾根
行く前は、物凄いラッセルで松峰小屋までたどり着けるだろうか。なんて思ってましたが、行ってみると何のことやら。
左側の尾根が本日の地蔵尾根です!

【日程】 2018年12月29日~31日
【メンバー】 会員2名



+ Read More

プロフィール

岐阜登高会

Author:岐阜登高会
 岐阜県山岳連盟加盟の社会人山岳会です。季節や場所を問わないオールラウンドな登山を目指しています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する